« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

同梱は内緒。

060831_0000001 「ペッシー2本セット」ついに買いました!大・小2本セットだったので、大は内猫娘用、小は外猫ばあちゃん用にしました。

今まで小さな針金様金属のブラシは嫌がって(たぶん皮膚が痛いのだと思われる)もっぱらコロコロ粘着で代用してきたのだけれど、これは嫌がらずに「ふんがふんが」言ってブラッシングさせてくれるので驚いた。さらにワンタッチで毛が取れるので、自分の手に針を刺してしまう悲劇も無くなった。

外猫ばあちゃんも「ぐんふぐんふ」と妙な歓喜の鼻息荒く、今まで嫌がっていたお腹・脇の下・尻尾も全部ブラッシングさせてくれる(ばあちゃんの方は長毛種とのMIXなので、放っておくとダマダマになっちゃう)ようになって、艶まで出てしまった。

4,500円は高いと思っていたけど、自身の為にQVCで買ったモノよりよっぽど使用頻度が高いのだわ・・・にゃーーーーおーーーーーん。

今日のTSV「ピッグリンクルスエードジャケとスカ」:ブタ柄は好きだけどブタ皮はいらない!by多慶子お嬢

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年8月30日 (水)

直訳は腹踊り。

最近流行のベリーダンス無料体験に参加してみた。フィットネスのカルチャーで9月から開講するので、そのデモらしい。名前は聞いたことがあったけどベリーダンスなるものを見たことが無いので、どんなダンスなのかと思ったら、キャノンのCMでハセキョーが顔半分に薄いベールみたいなものをつけて、お腹を出してくねくね踊っているダンスだった。

ストレッチから始まって、首・胸・腰のアイソレーション。首はなかなか左右に動かないので、鏡に映る自身は妙な姿。胸、腰は日頃のラテンやフラの成果で動くのだけど、ベリーダンスの場合アクセントを付けて、くいっ!くいっ!と力強い。

いよいよダンス本番で、先生はコインがじゃらじゃらついた腰巻を装着。これが腰を振るたび「しゃらりーん、しゃらりーん」と鳴るのだ。なんだか金運呼びそうな感じ。手はかなり色っぽくしなやかに弧を描くようにしなくちゃいけない。ゆっくりならできるけど、いよいよ佳境になると肩と腰をまるで感電したみたいに動かすのはかなり難しかった。

帰りに申込書貰ってどうしようか考えていたら、参加した奥様が「先生はベリーダンスっ腹よね」のヒトコトにどうしよう度がアップしてしまう。さらに「腹筋割れていたらベリーダンスは似合わなくてよ」とカラカラ笑う。確かに先生は手足は細いのだけど、お腹は肉付きが良くて柔らかそうだった。そう、QVCモデルのミホちゃんみたいな感じ。私は腹筋は割れていないけど、おおよそ肉感的という表現から程遠い。でも、あのコインしゃらしゃら腰巻は魅力的。どうしようかなあ・・・。

今日のTSV「黒まるちゃん」:50個餃子を誰が食う・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月29日 (火)

そうよ私も乙女座の女。

とにかく、人の誕生日を憶えない。憶えないと言うか、憶えようとしない?多慶子お嬢の誕生日でさえ、毎年とっくに過ぎた頃他の友人に聞いて「ちょっと、メアド見たら普通は気が付くでしょ」と呆れられる始末。どの友人の誕生日に対してもそうなので、遂に今年「もう教えてあげない、無駄だわ」と匙を投げられてしまった。一応、命日は忘れないんだけどな。

怒りを買う原因は更にあって、自分の誕生日が近づくと無意識に(たまに意識的に)アピールする事らしい。「誕生石はサファイヤよ」とか「ゲイノージン○○と誕生日が同じなの!」とか。友人達は「そんなに誕生日うれしいか?」とけっこう冷っこい態度なのだけど、結局はケーキなんか用意してくれちゃったりする。多慶子お嬢は「欲しいものは自分で買うのが家訓」とかで、イベント・プレゼントは好まない(私も実を言えば他人からモノ貰うのがあんまり得意じゃない)けど、年に1回くらいは、ピンスポ浴びたいのよ。

と言う事で 関係者各位、お忘れ無き様・・・。

今日のTSV「快掃丹」:センナがねー、どうなの?変な時間にお腹痛くなっちゃいそうじゃない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

ジュピター。

最近の多慶子お嬢と私は「Sチャンちょっと好感度UP?」で意見が一致している。前は、ただうるさいだけのキャストと思っていたけど、じっくり見るとゲストとのやり取りがQVCより巧である。ゲストの商品詳細説明とキャストの感想等、役割がはっきりしているので会話がかぶる事が無い。しかもその間の限られた時間内にカスタマーと直電話でまるで台本が有るかのごとく進んでいく。

少々オーバーアクションだけど、アパレルの商品説明はQVCより丁寧だ。まず初めにサイズが画面ではっきり表示されているので、メーカーごとのML寸の違いも解り易い。残りわずかサインがQVCのようにはっきりしていないので、説明を聞く余裕がある。のんびりして売り切れてしまっても「まあ、残念。じゃあ、別のお色で」ってな気持ちになるかも。

今日のSSV0時はオーストリッチの財布だったけど、売り切れたらもう1商品のバッグにささっと差し替えてしまって、HP上には痕跡も無いからびっくり!売り切れた商品が再登場しても「あらーキャンセルあったのかしら。今出会えたお客様ラッキー!」なんて根津キャストが平気で言ってのけちゃう。さらに余った商品はどんどん値引きしてネット割引、さらに余れば台場のアウトレット行きとそのシステムに無駄が無い。そして注文後のキャンセルは必ず「電話」・・・。

けど早口Sチャンの長時間視聴はかなり疲れる。御昼寝BGMにもしたい私にはやっぱりQVCの方が向いているかも。

今日のTSV「チェルラーベースメイクセット」:このメーカーだけは買った事が無い。なんかどうも・・・上手く言えないけど。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年8月27日 (日)

女は俯き、男は無口。

「なんで神谷町なのよ」「何やってたのよ」待ち合わせに遅れた私に浴びせられた刺さるコトバ。私だって、なーんで麻布十番の飲み会で神谷町で下車したのかわからないし、信じて疑わなかった。でも、本日その原因判明、QVCのラフォーレミュージアム六本木ライブのせいなのだ!麻布の待ち合わせの店は広尾が近いのに、そんなことわかっていたのに、六本木ライブのアクセス地図をこのところ見ていて神谷町から飯倉の裏通って六本木みたいな刷り込みがされたらしい。

神谷町から地上に出て、さてどっちかな?って思って近くの地図を見たのだけど、そこには虎ノ門とかの文字はあっても麻布なんて書いていない。こういう時は迷わずコンビニが得策。お兄さんに「麻布はどっち?」と聞くと奥からでっかい地図を出してきて、「えっと、飯倉の交差点右折、坂をずっと道なりに上がる」と言われた。「けっこう遠い?」「かなりありますよ」「歩いていけるわよね」「・・・」変な顔してたけど、小雨降る中「日頃のフィットネスで鍛えた足腰、どうってことないわ」と歩き始める。

でも歩いても歩いても、六本木が見えない。半分くらい地点(らしい)で再び交番に寄って聞いてみる。「麻布4丁目はまだなのかしら?」するとちょっとステキなお巡りさん「ここまっすぐで、六本木交差点左折ですけど、バス乗ったほうがいいですよ」「へーーー、バス乗るほどの距離なの?私神谷町から歩いてきたのよ」「ありゃーそれはすごい、でもバスの方が・・・」ここまで歩いたからには今更バスなど乗ってたまるか、お巡りさんに笑顔で手を振りひたすら六本木の明かり目指して闊歩する。

やっと交差点に到着するも、麻布の待ち合わせの店はどこなのだ。再度麻布の交番に乗り込み「麻布4丁目ってどこいらへん?」と聞く。「たぶん麻布十番の通りだと思うので、その坂を下ったあたりじゃないですか」下ったって隠れ家的な店が多いので、看板が大々的に出ていない。B型なので店の名前もうろ覚え、電話番号は控えていない、まして店は地下らしく携帯も繋がらず。しかたが無いので目の前にあった成城石井のお兄さんに「麻布4丁目でこんな感じの名前の店知りませんか?」と聞いてみたら、ありゃまあ親切にネットで検索してくれて「たぶんこの店ですよ」と言ってぐるなびのプリントアウトの紙をくれた。

ようやく店に辿り着いたのは約束の時間より1時間過ぎていた。つまり、神谷町から1時間歩いていたらしい。まあ、運動後のビールは最高に美味かったけど・・・。

今日のTSV「キプリング」:多慶子お嬢がキプ不支持の理由「どの色でもストラップが全色黒」が改善された。アズーラってネーミングはどうでしょうね。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年8月26日 (土)

猫広し。

猫とかキャッツとかいう言葉に反応してしまう。QVCでも「湯沢ひろ江アートの世界」のジュエリーとか「マンハッタナーズ」の猫グッズ、○○キャッツアイの石とか、猫科なのでトラ目石の番組はけっこう見入ってしまう。今日も「トルマリンキャッツ」をやっていたけど、やっぱり究極は「アレキキャッツ」じゃないか。

たまーに宝石の展示会に招かれて行くのだけれど、買うとか買わないのレベルじゃありません。なんてったって桁が違うのだ。QVCでお馴染みのルチルクォーツだって、キャラメル大の石にPt台座だし、それにイタリアブランド名が付いたなら価格は推して図るべし。「これって殆ど地金代よね」などと販売員の人に聞いてみたら「は・・・はあ、まあそういうことで」だって。ブラウンだったか忘れたけど有色ダイヤのロング5連ネックレスの前を通れば「これ、ぜーんぶダイヤですよ、どうですか?」だと。どうですかったって、それを身に付けるシチュエーションも服も銭もないわよ。

_3買わないついでに「アレキキャッツは無いの?」などと聞いてみたら、凄いの持ってきちゃった。いやー、でもきれい、大きさ、透明感、脇石も申し分ない。サイズもぴったりだったのだけど・・・。

今日のTSV「ランドリーリング」:昨夜の金スマは今日の為の作戦なのか。。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年8月25日 (金)

タテ・ヨコ・ナナメ・裏返し。

本日いよいよ「ANTIK DENIM登場。5万円くらいと思っていたのだけど、案外安いので驚いた。安いったって2万円以上のデニムだから、そうポンポン買えないなー。でもやっぱり高いデニムは高いだけあって、ラインもきれいだし穿きやすい。ただ、メーカーによって同じインチでもサイズが全然違うので試着できないのは辛い。

この間のTSVで「エコックス」のデニム買ってみたけど、股上が恐ろしく深くてビックリしちゃった。しかもワタリが大きいのでおばちゃんっぽい。よって申し訳ないけど返品してしまった。前はもうちょっと細身だった気がするのだけど。

なんて言ってはみるけれど、Yanukのダメージタイプ買ったら本気のダメージだったので、ちょっと座ったら膝に大穴が開いてしまって(あたりまえなんだろうけど)、近所の洋服直しの店に持っていって「ダメージに見える様は残しつつ裏から穴だけ塞いでください」と無茶なお願いしてしまったのは、何を隠そうこのワタシ・・・。

今日のTSV「純コラーゲンイージーサプリ」:キシリトールは腸壁を刺激するので、お腹痛くなっちゃいそうだなあ。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2006年8月24日 (木)

出口・はけ口。

今日はあんまり力の入らないアウトレット。「アミアージュ」「カワイオカダ」じゃねえ、でも一応見ておかなくちゃと5分前にHP見たら、あらもうアップしている。確かにメルマガで「早めにアクセスをオススメ」なんて書いてあったけどね。

とは言え、「ルナビアンカ」もそんなに安くないし「ダイヤモニーク」のホープとかカナリーなんて欲しくないし、前回のアウトレットの残り物も多いし。ジュエリーは最近ほとんど受注発注になったから、在庫もそんなに無いのだろうな。

「カワイオカダ」のフリルニット、ちょっとカゴに入れてみたけど・・・ぐふふふ・・・すぐ出した。

今日のTSV「スーパートパーズ」:アウトレットと同じ日にお気の毒って思ってたけど、アウトレットの内容見たら、妙に好印象になったのはなんでかなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

30振袖・肘鉄砲。

実年齢を現す部分は一般論は「首のシワ」とか「手の甲」と言うけれど、小耳に挟んだ情報では「肘のたるみ」らしい。確かに首のシワの整形はできないとQVCでもよく言っているけど、高校生だって首のシワくっきりある子も見かける。手の甲だって、最近の食洗器普及や、手肌に優しい洗剤・UVカット商品も進歩しているので、そんなに荒れたりしない。

ところが肘は、上腕の筋肉の衰えと、普段鏡に映して見ることもないので手入れに関して油断し、まっすぐ手を伸ばすとシワりんとなっている事に気が付かない。実際若い女性の肘はパーンと張っていて、妙齢の女性は乾燥芋みたいになっている。よって、夏でもノースリ・半袖より、5分袖・7部袖を着用している風。

この話を聞いてから、「デルマQⅡマイルドピーリング」などで肘の角質を取ったりして、気を使うようになった。先日多慶子お嬢と会った時、肘がピカピカだったので聞いてみたら、「あーたにその話聞いてから、お手入れしてますわよ」と言っていた。「でもさー肘をいつも曲げていれば、そんなにわからないんじゃないかなあ」と手抜き案を提言したら、「あーた、いつも腕を曲げていたら確かに肘はピンと張りがあるけど、今度はこの振袖が目立っちゃうのよ!」と二の腕をふるふるさせてあっさり却下されてしまった・・・。

今日のTSV「風水のヤアズ」:ちょっとヅラが低くなった気がする。夏用なのかしらん?

| | コメント (5) | トラックバック (14)

2006年8月22日 (火)

土曜の夜は羽田に来るの。

今日のIPプレミアは「あの時代にかえりたい」っていうCD4枚組。山越ナビ母さん、眼をうるうるさせながら「チャンピオンは主人の十八番なんです」「受験生ブルース(?)は初めて買ったレコードなんです」と懐古モードにスイッチ。

「戻るなら10代かなあ、でもまた学校行かなくちゃいけないしなあ。戻ったところで、現在UBの未来が判っちゃっているなら、どうでもいい気もする。過去に戻って人生変えていいって言うなら、迷わず遺伝子レベルよね」なーんて考えながらHP開けて愕然。CDの紹介文最後「“懐メロ”ファンに、ぜひおすすめです!」だって。ひゃー、荒井由実はもう懐かしのメロディーなのかい?

多慶子お嬢が会社で「郷に入れば郷ひろみ」って冗談飛ばしたら「え?」ってマジ返しされたって言ってたのを思い出してしまった。うーむ、外での会話は例えよく知らなくても「スキマスイッチがさあ・・・」とか「mihimaru GTってねえ・・・」にせねばなるまいか。。。

今日のTSV「プラセンティスト」:いかーん、冷蔵庫に入れていたのを忘れていたわい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

Wait for the cat to jump。

もう!どうして買い物した次に日に限って、気になるモノが出てくるのかしら。起き抜けにテレビのスイッチ入れたとたん「ペッシィーブラシ2本セット」登場。うちの子とは明らかに育ちの違うアメショーが気持ちよさそうにブラッシングされているじゃありませんの。もちろんナビ犬のQヴィック君も参加してて。

自分のモノばっかり買っているから、たまには娘のモノも買わなくっちゃと思うのが親心。針金ブラシ嫌いで、カーペット用の粘着コロコロ好きなので、ブラッシングはほとんどしないけど、やっぱり地肌のマッサージもしなくちゃいけないかしら?と言う事で次回のお買い物に追加するために「お気に入りリスト」に登録をしておきましょう。

石黒ナビが猫を飼っていると判明し、いつもは可も無く不可も無く「絶妙」が口癖のお姉さんと思っていたけど、ちょっと親近感湧いちゃったな・・・。

今日のTSV「スリムスパッツ」:もう、この手の商品は飽和状態なのにねえ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

巧妙な筋。

初の試み「24時間TSV」、午前0時登場のブラウンダイヤピアスは、地金減らして(0.2g重量が少ない)前回より1,355円安く売っていた。デザインも若干変更だし、まるっきりの在庫一掃ってわけじゃ無さそう。まあ、許容範囲っすか。番組じゃソールドアウトなのに、ネットじゃ在庫残ってる。「キャンセルが出ましたので若干ご用意できます」とかなんとか言って売ればいいのに。

「光の楽園」のミスティソフトカラー、半額近いから買おうと思ったらオンエア中007番は話中でつながらず、結局売り切れ。と思ったら、今になってキャンセル続出なので、初「光の楽園」しちゃおうかな?

吉田姫IBNの「スパ+リフパル」は、予想通り番組終了間近にソールドアウト(意図的な匂いぷんぷんだけど)。それにしてもゲストのキヨハラさん、「53才に見えないって言われる」と力説してたけど、大丈夫!ちゃんと見えるし、もしかして目は整形かアイプチ?それより驚いたのは吉田姫が明らかに「ジーニー」に対して「ゴム糊のような美容液でリフトアップするものは、リキッドファンデーションも使えないし・・・」と強く批判してたのよね。

今日のTSV「全商品」:本日のニューアイテムの「デビューのカフタン」は、私の太鼓判でカスタマーが着てたのを知っているぞ~。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2006年8月19日 (土)

エキセントリックの女王。

仕事がやっと落ち着いて、気分転換にパーマでもと美容院に行く。目指すはエビモエ、ハセキョー、ヨネクラ、タマル・・・。目標は高く掲げてこそUBの真骨頂!

「デジパはどうなのよ?」『あーあれはひとつ間違うと切れ毛がすごいらしいですよ』「ロクシタンの新作はラベンダーバススクラブよ」『そうそう、今日のパーマ液は新しくて、シアバター入りなんですよ』などと会話をしつつ、雑誌のダイエット体験記事を読みふける。「なになに「ゼナドリン」で1週間で2kg減?ラテンエアロも効果抜群・・・確かにそうかもねえ。」

さて、ロットを外した感じではなかなかいいじゃないの。『トリートメントの新しいのがあるのだけど、やります?』「ハイハイ、お願いしまーす」仕事からの開放感で財布も開放状態。これが毎回失敗の元だってわかっちゃいるのだけど、タイミングいいのか悪いのか、明日は24時間TSV企画。とりあえず「ダンシングダイヤピアス」が自分の購入価格より安かったら許さないぞ!「オーニュートリスパ+リフパル」も出るとIBNからお知らせも受けているし。

さーて、いよいよ出来上がりつつある鏡の中の我姿、どこかで見たことある・・・。

在りし日の山村美紗みたいじゃん!

今日のTSV「バイタミンワールドスペシャルセット」:前回買った同セット、ロイヤルゼリーもビタミンCも残っている。吉田姫、トコトリだけ安くしてください・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006年8月18日 (金)

デ・メリットシャンプー。

まだQVC初心者の頃、やはりTSVになったシャンプーを買ったことがあった。「ナチュラルヘアなんちゃら」っていうシャンプーとコンディショナーとトリートメントの3点セットで3,800円くらい。確か寡黙なおじいちゃんがゲストで、「お願い買ってください」の懇願オーラに負けてしまったのだ。オーガニックって謳っていたけど、使用感は可も無く不可もなく。ただ問題があったとすれば量が半端じゃなく多くって使っても使っても減らないこと。

元々飽きっぽいっていうか、新製品に弱いっていうか、そのうち使用頻度も落ちてバスルームのボトルラックに置きっぱなしにすること2年。ラベルも朽ちてなんだかわからないシロモノになっちゃった。特にチューブ入りのトリートメントは変な臭いがしてきちゃって、結局破棄せざるを得なかった。(おじいちゃんごめんね)

ところで今日の「モップシャンプーって、初めの頃「岩井志麻子」似のちょっと妖怪っぽい女性がゲストだった気がする。シャンプーのゲストなのに、なんだか髪の毛がベタベタっぽくて、買う気もおきなかった。しばらくして髪型変えて来たけど、やっぱり妖怪風。「ボリュームアップ」と「デリケート」の違いもよくわからなかった。ソニプラで通常サイズのものが売っているので手に取ってはみるけど彼女の顔が浮かんで、また商品棚に戻してしまう事数回。でも、今日のバジルミントは単品で買ってみようかな・・・。

今日のTSV「MOPデイリーセット」:私には1000mlは多すぎる。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006年8月17日 (木)

C6H12O6。

「難儀な仕事ばかりで、脳味噌が拒否反応で動かない」と言ったら、「そういう時は飴でも舐めたら」と多慶子お嬢が助言をくれた。気がつけば夕方まで固形物を口に入れていない日も最近は多くて、やっぱり脳の活性化にはブドウ糖なのだ。

近所のちょいと高級なスーパーに寄ったらまさに「ブドウ糖」っていうモノが売っていたのでさっそく購入。口に入れたとたん、じゅわりんって溶けちゃう不思議な感触。これでオシゴトサクサクのはずだったのだけど、脳が中途半端に活性したのか変な事を思い出してしまう。

昔QVCのゲストで、時代遅れの大きなダテ眼鏡かけた女性がいたのだけど、その人は確かイスラエルとかから何かを輸入して売っていた。その品物が思い出せない。食べ物だったのか、化粧品だったのか。それがこの2、3日気になって気になって・・・。

今日のTSV「ハイウエストヒップアップショーツ」:なんかレースでカユカユになりそう。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2006年8月16日 (水)

血流マッサージ。

以前LaLaテレビ主催の「かづきれいこ」さんのメイクアップ講座みたいのに参加したことがある。その時に教えてもらったのだけど、20代終えたらアイシャドウにブルーは厳禁なのだって。なぜかと言えば、瞼の色がくすんでくるので、発色が悪くて見た目の色にならないから。

じゃあ、どうすればいいのか。それが不思議なんだけど、白のアイシャドウを薄く延ばすとくすみとミックスされて薄いブルーに見えるのですね。舞台で50才くらいのご婦人で試されていたけど、確かにブルーに発色していましたっけ。

彼女のメイクは、スポンジの動かし方が一般と逆だったり、パウダーの後にコンシーラーだったり、アイブロウにエボニーとかなり独創的。元々リハビリメイク(痣や火傷の後をカバーしたりするもの)なので、ちょっと厚化粧になるけど、確かに半顔はテレビのようにリフトアップしていたし、実際に触れてみたけどサラサラだった。

それからずっとファンデーションは、かづき方式で塗っているけど、重力には勝てそうも無いな・・・。

今日のTSV「マルベリーチェーン」:チェーンばっかりいらないわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

蕎麦なら「藪」。

入力すると漢字が出てきて、使用例まで教えてくれて、それでも解らなければ辞書機能もあるPCのおかげで、読み書きの「書き」の部分はずいぶんと楽な時代になった。が、漢字が頭に浮かんでいても読みがあやふやな時はつくづく国語力の無さを痛感する。

「しばらく(暫く」)と「ようやく(漸く)」なんかは、未だ一瞬どっちか迷ってしまうし、号泣を「ごうきゅう」って読むと、いっぱい泣いている雰囲気がしないので、つい「ごうう」なんて入力して「豪雨」と変換されて「あっちゃー又やってしまった」ってな具合。

なんでこんな事を思いついたかというと、今日の「サマーファッションスーパーバリュー」で梶原ナビが「更紗」を最初から最後まで「サラシナ」って言ってたから。その度「更科じゃ蕎麦屋だわよ!」って突っ込んでいたのだけど、さすがに3回目になったら「プロデューサーも読めないのか?」って呆れちゃった。

さて、今回も道田ナビ生き生き。食い物や電化製品よりファッション向きかも。何気に足が「モデル立ち」で笑っちゃった・・・。最近着用のマドラスチェックのパンツは嫌いじゃない。

今日のTSV「パワージューサー」:ジューサーって未だに存在しているんだ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

UBアプリケーション。

1日心の準備をして、多慶子お嬢のバトル顛末。

その頃の多慶子お嬢は私同様の化石OS、しかもノーパソ。それでも開始時間から懸命なアクセスを試みて、いくつかのCoccoバッグ」をGETした・・・つもりだった。が、しかし悲劇は起こった。

マイアカウント場面になってログインしたとたんにアクセス集中で切れちゃった(本人談)。やっと繋がって会計を済ませたら「申し訳ございません、この商品は完売です」の非情な文字が画面上に浮かび上がる。普通だったらここで諦めるのであるが、UBはそうはいかない。「きえー!冗談じゃないわよ。私のGETしたバッグは何処行っちゃったの~」さっそく電話でオペレーターを問い詰める。「今回はそちら様のシステム上の不備。私は確かにこの目で会計まで済んだのを確認したのだから、商品を送って頂戴ね」

頂戴ねって言われたって、完売しているのだから「申し訳ありません」しか言わないオペレーターに「お詫びはけっこうですわ。番組の見本でもいいし返品でもいいから探してくださいませ。メーカーの倉庫もあたってくださいね」と更に圧力。オペレーターは「当社では返品された商品を再度お売りするような事は一切いたしておりません」と応戦したものの「なんとか探してみます」と確約を取らされた。「見つかると言う前提で探してね」と付け加えられながら・・・。

そして数日後「色違いなら見つかりました」の返事が来ちゃったから凄い。がこんな事で済まないのが元祖UB。届いたバッグに箱が付いていなかったので「箱は無いのか?」と聞いたらしい。先日のアウトレット画面で「セール品のため、専用ケース等の付属品がつかない場合がございますがご了承ください」の注意書はUB学習効果???

*本人の希望により、かなりソフトバージョンにて脚色しています。

今日のTSV「スラブソフトデニム」:もう、カエルちゃんと渡辺さんの手が触れそうになるのを見てるだけでドキドキだわ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

ちょっと一息、ダウンドッグ。

今日は「ロードオブビューティー」とやらのイベント。「まあ、盆休みで視聴率が低いからこんな興味も引かない企画なんだろうな」って見ている私は何なのさ。連日の激務と昨日の雷雨でなんだか疲れちゃったし、ぼーっと「クロスフォーNY」を見ていた。

価格帯は1万でリーズナブル。シルバー台だけどトパーズ。スコープで見ると光の十字が見えるらしい。小野田ナビも淡々と説明してたけど、やはりお電話少ないらしい。そうなってくるとコメントに困るのかなあ「皆さん本物の高価なジュエリーはお持ちだと思いますけど、ご旅行の時とかにはこういったものが安心・・・」なんて言い始める。これってメーカーに失礼だわ。言い換えれば「安物だから失くしても平気よね」って事でしょ。ダイヤモニークなら自社メーカーだから多少は許容されるけど、ゲストも「はーそうですねえ」ってちょっと怪訝な顔してた。

私は1000円だって気に入っているアクセは失くしたくないわ。それに1万円台のアクセが高価だと思うカスタマーだっているだろうに(私だけど)。買おうかどうしようか迷っている時にあのコメント聞けば、ゼッタイ買わないよな。そして加熱処理とか加工って言っていたのを今日は「トリートメント」って言っていたっけ。物は言い様だな・・・。

今日のTSV「ベアミネラルエイジレスビューティー」:なんかナビの顔がテラテラに光って変だわ・・・。ヤーマンってQVCの傘下なのかしら。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年8月12日 (土)

UBれぼりゅーしょん。

さて数日後、現金と引き換えになったCoocoバッグとウォレットが届く。ウォレットはガマ口で???って感じだったけど、バッグは大きさもちょうど良く色も満足。箱が無かったのはアウトレットだから仕方ないやね。

梱包の中には返金に関する詫び状もお知らせも入っていなかった。まあ、2、3日中には何らかのアクションがあると思って待っていたけど、1週間過ぎても電話すらかかって来ない。返金たってたいした金額じゃないけど、ちょっとあんまりじゃないと思って、再びカスタマーセンターに電話を入れる。

「えーっと、この間の返金の件なんですけど、一向に連絡が無いもので・・・」

「申し訳ございません。一応内部で検討した結果、郵便小為替を送らせていただくことになりました」

はあー?郵便小為替???ここで遂に魔邪の如くブチ切れてしまった。

「あなたねえ、このクソ暑い中郵便局まで行けって言うの?」(去年はかなりの猛暑だった)「だいたいねえ、そもそもそちらの不備で定価のままアップして、そちらの都合でクレジットを現払いに変えさせられて、更に金額訂正しますと言って訂正しなかったワケでしょ。おまけにこちらから電話するまで何の音沙汰も無くて、あげくに郵便小為替ですって!」「この世の中ネット社会なのだから、たった1つのミスをWEB上に流されたら会社の存続に係わる事態に発展しないとも限らないわよ」「その辺のところいくらパートのオペレーターだからって、もっと自覚を持っていただかないと」「今回のミスは1人や2人じゃないでしょうに」「QVCのファンだからこそ、怒っているのよ」

言うだけの事を言ったらすっきり。結局郵便小為替は丁寧なお詫び文と共に数日後送られて来た。テレビに字幕スーパーでお詫びが流れるかとも思ったけど、考えたらNET限定のアウトレットだからな・・・。

すぐに電話をくれて「お暑いところご足労をおかけいたしますが、今回返金対象のお客様が大勢いらっしゃるので、郵便小為替とさせていただきますがよろしいでしょうか?誠に御迷惑おかけしました。これに懲りずに今後ともQVCとのお付き合いよろしくお願いします」くらいの事言えないかしらねえ。

一方この騒動と平行して、多慶子お嬢も壮絶なバトルを繰り広げていたのであった。

    To be continued.

今日のTSV「30UPダイエットプロプラス」:ゲンリョウのチャンピオンとどっちが強いのかなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

UBそりゅーしょん。

思い出せば1年前、「ちょっと、来週Coccoのアウトレットよん」と多慶子お嬢からのメール。それもネット限定だって言うじゃないの。何が出るかわからなかったけど、期待に薄い胸も膨らんだ気がした。

当日「私はウナギ弁当を夕飯に買いましたわ。速攻帰ります」多慶子お嬢もかなり本気出している。私だって7時半過ぎからPCの前に構えて、その時を待っていた。

5・4・3・2・1 ハイ8時!

アクセスするも画面は一向に変わらない。「ちょっと、どうなっているのよ!」待つ事15分、ようやくアウトレットの表示。ところが、ところが、システム不備とアクセス殺到と当時の旧型OSでサイトが重くて動きゃしない。とりあえず欲しいモノをポンポン買っていたら、突然カードの認証が取れないので現払いにしろってメッセージ現る。

「そんなに買ってないのに変だわ・・・」とりあえず現払いに変更して商品を吟味、財布とバッグ1個ずつ購入し後はキャンセル。「これでカード決済に戻せばOK」のはずが、やっぱり「現金で払うか・・・」のメッセージが消えない。当時、スキミングやスパイウェアで世間が騒いでいたので自分も他人にカードを使われているかもしれないと思い、カード会社の深夜受付に電話してみたけど、「紛失以外は明日」と言われてしまって余計に不安が募る。

「変ねえ」マイアカウントを見ていたら更にビックリ!アウトレット商品が定価のままで決済されているのだった。もうすでにカスタマーセンターは終わりなので、通常の009番に電話してみたら「価格は今日中にアウトレット価格に戻しますので心配要りません」と言われた。ついでにクレジットの事を訪ねると「認証はその場でクレジット会社から取るのだけど、キャンセルは後からになるのと、決済が月2回なので未決済分と重なると限度額オーバーになって・・・」との回答。「ったく、認証もキャンセルもその場でやりなさいよ!」と思いながらも疲れきって就寝。

翌朝マイアカウントを確認して仰天、まだ定価のままじゃない。「あーったく、もう!」今度はカスタマーセンターに直電話。「申し訳ありません、一応現金でお支払いいただいた上で、返金に関しましてはどういう形になるか上司とも検討の上お返事差し上げます」だと。しかしこの後、UB魂爆発事件は起きた・・・。

                                           To be continued.

今日のTSV「ドラゴンジェットPRO」:「超電水シュシュ」の立場はどうなるの???

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月10日 (木)

一致団結。

Photo_3 この時期、ウォーターボーイズの映画やドラマの再放送をついつい見てしまう。裏でやっているQVCでは「コンパクト精米機」だもんなあ。今日みたいに台風一過の真夏日には、「男子シンクロ」じゃないかい?

高校時代「学校では見かける」が「授業中は見かけない」という名誉ある歴史を持つ私なのだけど、去年はドラマのモデルになった高校の文化祭に行ってしまった。午前中に近所の小学校校庭で整理券が配られるので早い回から見る為には早起きして電車に乗り、炎天下に延々並んで苦労もしたけど、それだけの価値はありました。

なんと言っても一番面白いのは最終回。よって3回も見てしまった。最終回は部員全員身体中にマジックで落書き状態になる。「彼女募集中、携帯№・・・」の文字もあれば、足に網タイツを書いたり、放送禁止絵柄もあったりして。私の目の前では原田泰造似の老けた少年が腰をくねくねさせていたっけ。テレビドラマのように美しい少年ばかりじゃないのはあたりまえ、背が低くて小太りの少年は泳いでいるのか溺れているのか微妙で面白怖かった。

「はぁー、青春っていいやねえ~」などとウットリしているUBは、周りからかなり怪しげに見えたに違いないけど、今年も行っちゃおうかな・・・。

今日のTSV「パワーカットブレス&ストラップ」:結局QVCカスタマーは心の平安より仕事運よりお買物の金運なのね。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年8月 9日 (水)

怠け者の節句働き。

はー、世の中は夏休みだと浮かれているけど、盆暮れは毎年忙しい。「なんで、私ばっかり仕事なのよ~!」「やる気出ないわよ~!」叫んではみるけど、誰も助けちゃくれない。こんな時は、QVCのナビ姉さん達の作られた笑顔に賞賛を贈ってしまう。中には紹介するのもアホらしい商品もあるだろう、全然電話が来ない商品もあるだろう、嫌なゲストもいるだろう、なのに毎回ハイテンションで画面を飾る根性は 

エライ エライ エライわよぉー!

自分はと言えば仕事から逃げる算段で、通販雑誌の春夏分を処分。さらに、DMを裁断。ショッピング紙袋の整理。冷凍庫の古食品廃棄。昼寝ちょこっとで、もう夕方。やっとぐずぐず仕事始めると、娘が「にゃお(ごはーん)」「にゃおーん(遊んでー)」「ごにゃおー(ブラッシングー)」。ゴールは果てしなく遠い・・・。

今日のTSV「濱野クロコモーダ財布」:財布は単色じゃなくて、皮をモード系のパズルにしたら可愛いし売れると思うのだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

ヘクトパスカルの葦。

モデルさん達の着ている商品以外の服は、かなりのヘビーローテ。最近は服の種類も増えたけど、前はピンクとグレーの大きな花柄のワンピ(バッグ・ジュエリー用)とか、グレーのちょっと合皮っぽいカットソー(ジュエリー用)とか、デニム素材のミュールとか、同じものを皆で着まわしていて、「いらない服分けてあげようかしら」って思っちゃったほど数少なかった。

辞めてしまったあやさんが着ていた(たぶん私物)赤と黒の花柄パンツが欲しくて、カスタマーセンターに「あれは何処のメーカーなのか教えて」って電話した事があったけど、教えてくれなかった。去年か一昨年の冬に買い足したと思われる猫柄のスカートを初めて番組で見た時は、売り物だと思ってずっと受話器を握り締めていたのに、ガッカリ。今もよく見かけるけど、どこのメーカーなのだろう。

上下に何を持ってきてもだいたい調和が取れちゃう服こそ、出かける度空き巣が入ったような部屋になってしまう私に必要なのである。「着まわし自在な女」は永遠の課題、が、その前に「着ない服を捨てる」「フリマに行かない」「バーゲンはほどほど」「通販雑誌は見ない」・・・ぐだぐだぐだぐだ・・・。

今日のTSV「シースルーライト」:ビール酵母摂取なら直接ビールからがいいのだ!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年8月 7日 (月)

猛暑バナナの日。

毎年安い!安い安い安い!で始まる「サマーファッションスーパーバリュー」。新製品なのにメーカー希望価格の○%offは眉唾モノだけど、たまにはめっけモノもあったりして。

道田ナビが生き生きしてて、山越ナビより説明がよかった7/31の番組で、コスメプリントのTブラウスに眼が止まった。日本製で、シャリシャリ綿で、Vネックで肩パット付きで、5分袖で4,095円は安いじゃないの。しかも色がきれい!これは小梅ママがゼッタイ喜ぶわ。で、さっそくグリーンのLを注文。

届いた箱は馬鹿に大きく、ちゃんとハンガーにかかったままの姿。期待を裏切らず、とっても良質な素材。小梅ママも「あらーきれいな色、これで綿なの?」と喜んでいた(満足した場合は「商品のクチコミ」には投稿しないのがUBの流儀)。

が、最後のヒトコト「いくら払えばいいのかしらん」が聞こえてこない。うーむ、母の日でもないのに又自腹なのか・・・。

今日のTSV「ピラミッドパワー」:スポーツクラブの「シャルムトロン」(高周波EMS)のデモは盛況だった。1人で8台(1台に付きパット4個)も使って全身びりびりしてた奥様もいたけど、ほぼ1ヶ月経過するも見た目には変化無し。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

ジュリアに傷心・by道田。

まさかと思っていたけど、まさか出ちゃった「クリスマスオーナメント」。しかも去年のTSV残り・・・。あのデカリース(蝋燭の方)は買っちゃったのよ、しかも2個。1個は、返品しちゃったのだわ。巻きつけてあるリボンがほつれていて針金が出ていたし、造りが粗雑だったから。で、もう1個はと言えば12月に誕生日の友人にプレゼントしちゃったのだわ。(大きすぎて飾る場所考えるって言われちゃったけど)

カナダに留学経験のある友人からクリスマスビレッジの話をよく聞いていて、それと思われる飾りをQVCで観た時は「さすが、アメリカ発祥だわ」って感動したのだけど、最近は子供っぽい玩具ばかり。グラスファイバーのポインセチアよりは、素朴な温かみのある飾りが欲しいかも。とは言え、ささやかな電飾に手を染めてしまって早5年。飾るのは楽しいけど、片付けるのが年々億劫になっている私がモノ申す立場ではアリマセン・・・。

今日のTSV「FOX襟付きカシミヤロングコート」:何処へ行っても過剰冷暖房の昨今、ロングコートって着なくなった。パンツならともかく、スカート丈とのバランスがけっこう難しいのであります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

V字打ち。

今日は花火大会。風もほどほど、気温もほどほど、天気は上々で、ゴキゲンだった。日中はホント暑くて「8月のクリスマス」のカシミヤ、リアルファー、毛布を買う人を尊敬してしまう。きっと部屋の冷房を23℃に設定しているのかもしれない。もう、あのタイマツみたいな舞台装置見ているだけでもヂワヂワ汗が出てきて、とても冬の自分をイメージできなかった。

「今年の秋冬はマニッシュよ」って、又出た可愛さんがカエルちゃんに力説してたけど、実際秋冬になってみなくちゃ流行などわかりませんから。今年の春夏に上着丈があーんな短くなったおかげで、Tシャツやスキッパーは逆に丈が長いのだわ。結局、洋服屋さんの思うツボって言うか・・・。

今日のTSV「ラム・ルッキング・ピッグ ファー・カラージャケット」:Lamb looking pig fur collar jacket ブタに見える子羊の毛皮襟ジャケット???ブタとラム逆じゃない・・・かと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

高気圧はクジラの尾型。

月に何回か整体をしている。スポーツクラブのインストラクターが施術してくれるのだけど、整体中には世間話に花が咲く。

ある日唐突に「ねえ、男性に求めるもの3つ言ってみて」と言われた。「求めるものって?」腰のツボを押されながら聞き返す。「だから、こういう人に惹かれるっていうか、こういう人がタイプとかよ」

「えっとねえ、生活音が静かな人、馬鹿さ加減が同じ人、品のある人かなあ」ぐいーっとツボに力が入り「うぐぐぐ」と呻きながら答える。「じゃあ、そういう人が3人いてその中から1人選ぶとする決め手は何?」足を持ち上げながら更に質問が続く。

「え?3人もいるの」「そう3人」持ち上げた足を左右に振り、更にツボをぐいぐい押す。「そーだなあ、何かなあ、うーん」としばし考えて「来て欲しい時に来てくれて、いて欲しく無い時はいなくなる人」と答えたら急にケラケラ笑い出して背骨の矯正。「ハイ息を吸って吐いてー止めて・・・おっしゃ。あのね、最後の条件が本当の理想のタイプなんだって」だって。

確かにね一理あるわいな。まあ、そんな都合のいい男性は世の中には存在しないと思うけど、毎日のテレビショッピングだって電源オンオフこっちの勝手お買い物だから魅力あるのかもしれないな。なんて思っていたら、首がグギガギゴギ!「はい、直ったよ。ちなみに私の最後の答えはねえ、オ・カ・ネ・モ・チ」はかなり現実的・・・。

今日のTSV「クリーンターボファンヒーター」:どんなにお買い得でも、今年一番の暑さの中観るのは辛かったわ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月 3日 (木)

チャイルドポーズ。

今日の仲浦さんの番組で子供服が出ていた。モデルもロージーちゃんとセンタ君。やっぱり子供と動物には勝てないって言うか、ついつい見入ってしまった。(先週は見逃したけど「ルナビアンカ」が久々出てたのね)

最近の子供服って、大人顔負けのブランド志向で価格も半端じゃない。先日行ったバーゲン会場のお母さん達が、眼の色変えて奪い合っていた姿を思い出す。すぐ大きくなるのだからフリマで調達でもいいのにって子供のいない立場では思うけど、小学生にして男の子ならやれ「PUMA」だ「adidas」だ、女の子なら「ナルミヤ」などと注文をつけるらしくて、お母さんも大変だ。

今日のQVC子供服は、ちょっとアメカジテイストでなかなかよかった。90・95の頃ならまだ親の趣味で着せ替えできるから、サイズ展開もあれでいいのだね。以前友人が「どんなブランド着せても、戦隊物の運動靴だけは譲らなくって」とこぼしていたけど、まあその辺は子供らしくっていいではないの。アンパンマン→ドラえもん→戦隊物→仮面ライダー(間にしまじろう?)は正しいのだ。

そう言えば以前湯浅ナビの息子が5才位の時出ていたなあ。ミホちゃんと一緒に「キプリング」か何かのバッグの番組だったか(?)ちょっと思い出せないけど。大暴れして画面から消えて、声だけ聞こえていたら「小僧が申し訳ありません」って謝っていたっけ。昨日「うちの息子小学校2年で」って言ってたので、ふっと思い出した。湯浅ナビのローテが夜間に変わったのはやっぱり子供の入学に合わせてなのかな・・・。

今日のTSV「ヒアロジー ピーエフェクトリライアンスジェル」:今はMINXの時代らしいけど・・・。鈴木三枝子さん頑張っている!

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年8月 2日 (水)

瓜に爪あり、爪に爪なし。

8月1日からSチャンで「あなたが選ぶキャストカラーネイルコレクション」とかの投票が始まった。春夏の時に買おうかなって一瞬思ったけど、すでに100本近くある瓶を見て止めたっけ。まったく、ネイルってつい買ってしまうのだ。しかも同じような色ばっかり。

寒がりなので、真夏のゴムぞうり時以外はあまり関係ないのだけど、スポーツクラブのヨガやフラの時は生足になるので、ペディキュアは1年中塗っている。手の爪はどうしても長持ちしないので、ちょっと剥げても目立たないベージュや白パールなのだけど、足の爪は大胆にビックリブルーとかネオングリーンとか血豆色とかで遊べるので楽しい。ネイル専門家に塗ってもらうと持ちがいいのはわかっているけど、あの1対1の間が耐えられないのと、ぶっちゃけ費用がねえ。。。

ずっと前からQVCの若菜ちゃんが塗っている薄紫とベージュの間くらいのマニキュアの色が気になっていて、何処のメーカーなのか知りたいって思っている。デパートであちこち見るのだけど、なかなか同じような色にお目にかからない。彼女達はQVC内のネイル部屋で塗ってもらっているから、専門家御用達のブランドなのかもしれないな。

話は戻ってSチャンのネイル、投票はしないけどやっぱり№11の千葉ネイルかなあ。それにしてもどうして嶋田のおっさんがネイルに参加しているのか・・・。

今日のTSV「ジェット3点セット」:どちらもジュラ紀の流木の化石なのに、ヴィクトリアンジェットと価格が違うのは何故なんでしょう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

これより三役。

HPを開くたび「アロハ~!」の声がやっと治まった。ナビと過ごす優雅なハワイの旅1名のみ参加307,800円は高すぎないか。バハマの時は、バハマってどこだ?って地図見ちゃったっけ。オンエアもなんだか向こうサイドで森みなナビだけ盛り上がって、見ている方は「わざわざ放送する意味があるのかね」って白けていた記憶がある。韓国もあんまり記憶に無い。

よくわからないのは、毎回必ず企画「キプリングバッグ」の進呈。QVCならオリジナルって言っている「コッコフィオーレ」プレゼントにすればいいのにねえ。今回のハワイも9月末じゃどうなんだろうかと予定表を見たら、IBN吉田洋子、キャシー中嶋、岡田可愛と熟女揃い踏み。どうも優雅なハワイを一番満喫するのはゲストらしい。が、別の意味で楽しみだったりして・・・。

今日のTSV「ハングリータイガーのハンバーグ」:ハンバーグ、さて最近食べたのは半年以上前か。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »