« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

良馬場。

世間では連休始まったばかりだけど、自身には何の予定も無く、窓の外の桜吹雪を眺めながらQVCを中心にザッピング。

国営放送から聞こえる「ディープインパクトが一番人気・・・ディープインパクト雪辱なるか・・・」の声にリモコンの指が止まる。画面を見ると、今日は競馬のG1レース第133回春の天皇賞。騎手は武豊。

ファンファーレの後大歓声の中スタートしたのだけど、ディープインパクト思いっきり出遅れる。ずーっと後方に付いて様子をうかがい、2周目異例の速さで仕掛けてそのまま逃げ切り、圧倒的な強さでコースレコード出しての優勝!優勝インタビューでは「この馬なら出遅れても大丈夫・・・」武騎手は余裕の発言。

私もマードゥレックス「ディープインパクト・デルマリヴァイブ」で、出遅れたインナースキンケアを最終コーナー待たずして他を引き離す事ができたらいいのだけどなあ。

今日のTSV「エクスボーテ」:旧タイプ持っているけど、まだ女優になれないんだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年4月29日 (土)

クレンジング・ジプシー。

化粧品の中でどうしてもあちこち浮気してしまうのが「クレンジング剤」である。美容液やクリームと違って価格が安いので、新しいブランドが出たりすると「今のが無くなったら使うからね!」と自分に言い聞かせて注文してしまうのだ。

ところが実際届いてみると、早く試してみたいのが人情ってもの。その夜にはお風呂に持ち込んでしまう。いろいろ比較できればそれもアリなのだけど、あまりにたくさんのブランドが出ているので、どのクレンジングがどの説明だったかすっかり忘れちゃって、風呂の中の棚にはずらーりとクレンジング剤(ソープなども)が並んでしまっている。

ただ、IBNの吉田姫が言っていた「ミネラルオイルって言うのは、石油から精製された鉱物油なのよ」だけは心に刻まれているので、成分表はしっかり見ているけど。

さーて、今夜はどれで化けの皮剥がそうか・・・。

今日のTSV「コンビ ビークウォーター ボーテ」:モニターさん曰く「運動らしい運動はしてませんけど、車に乗るところを歩いたり・・・」それだけでもサプリ無しでじゅうぶん痩せるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

私の御蔵入り。

初夏を思わせる陽気に重い腰をあげて、衣替え前哨戦(盛夏物はまだ)を決行した。毎年の事だけれど、出てくる出てくるQVCで買った(主にTSV)洋服が・・・。

未だタグ付き、麻のアンサンブルは近藤圭介さんの「これ、かっこえーでしょー」に乗せられて買ったけど、同じもの着ている人に会うのが怖くてそのまま、緑のシルクのブラウスはちょっと暗い逢坂さんに同情して買ったけどあまりに安っぽくてそのまま、エコックスのストレッチパンツは価格に魅せられて買ったけど(それも懲りずに2本)TSV仕様で最悪。

変な臭いがするので着ていないデビューの黒のシルクニットアンサンブル、着ようと思った時には流行が去っていた脇ギャザーリボン調節のプルオーバー、Mだからと思って安心したらやっぱりデカかったウールファクトリー。シワになりにくくなかったシワだらけのテンセルプルオーバー。

中には気に入って毎年着ている物もあるけど、やはり失敗の方は数え上げたらキリが無い。「やはり何事も失敗の経験を重ねてこそ、成功を勝ち得るのだわ」と積み上げられた服の山を見て、ため息ひとつふたつ・・・。

今日のTSV「3Lポット」:口が広いのでこんなに大きな氷が入ります」と言って入らなかったねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

苦笑い。

台所が鬼門の私だけど、QVCでリピート買いしているのが「トータル天然だし」である。味噌汁・カレー・炒め物なんにでも入れて使っている。食事は口に入ればなんでもいいって方なのだけど、チーズを除く乳製品が好きじゃないので、「カルシウム補給」の為に使い始めた。

沖縄の調味料だけあって、ゴーヤチャンプルーには物凄く合う。巷に売っている「ゴーヤチャンプルーの素」より、ゴーヤと卵と豆腐と魚肉ソーセージのチープな食材でも、トータル天然だしと胡椒と塩、醤油ちょこっとで、自分的にはかなり美味い!(沖縄で本物食べた事無いけどね)

ただ、大袋で粒子が細かい(小麦粉みたい)から、瓶に移しかえて使っているのだけど、湿気に弱い為に瓶の蓋がだんだん開き難くなっちゃうのだ。握力の弱い人には、詰め替えはオススメできません。

今日のTSV「エスマイル」:値段が安い割には、モノがいいから、けっこう買わせて貰っている。ダブルガーゼのカットソーを是非復活させて欲しい。今日の3点セットは見送り・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

男の子・女の子。

今朝起き抜けに、たまたま付けたテレビからインパクト大の「及川王子」が眼に飛び込んできた。ショップチャンネルは殆ど見ないのだけど、王子には何故か引き寄せられる。

今日の王子のファッションは、5月5日を意識してか「鯉のぼり」のようなジャケットに前立にフリルをあしらったシャツブラウス、くつはワニの形・・・。相変わらず目鼻立ちがくっきりとして、顔がでかい。その割に手は白く繊細で、ネイルのお手入れも完璧。さすが、トロサーモンを毎日食べているだけの事はある。(アスタキサンチン摂取の為だとか)

前から「ハピエンスリップ」は気になっているのだけど、今日は更に「レインボーヴェール」なる化粧下地も欲しくなってしまった。「ピンクに内側から輝く肌は周りの人達を幸せにする」「化粧が崩れたってその下からピンク肌が見えたら男はグラっとくる」なんて、口上が上手なのである。キャストの姉さんも「これをつけたら婚期が早まる」と言われて、マジ納得していた。

でも、深夜に見た「岡江何某」ニューハーフのオススメのUVカット下地も気になる。いったい何買ったらいいのか~!

今日のTSV「アディダス上下」:私のフィットネスクラブにはアディダス着ている人はいないよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月25日 (火)

騙されてあげる。

作家高橋秀実氏の受け売りなんだけど、ダイエットする女性の殆どはこう思って色々試すのだそうだ。本気でダイエットする為には生活全体を徹底管理して、栄養バランス・適度な運動無くしてはゼッタイ成功しないという。

「○○するだけ」というお手軽ダイエットを試す裏では「そんな虫のいい話は無い」とわかって購入し、そう思って成功すればラッキー、失敗して見せれば「やっぱり簡単じゃないのよ」と苦労をねぎらったりできるからなんだとか。

女心としては「ダイエットできない」じゃなくて「ダイエットは必要ない」と思われたいのだって。太っていればこそ「痩せたら美人」だと潜在的な美を保持できるけど、実際に痩せて骨格のバランスの悪さ、顔の造形の欠陥が露になると救いようが無い・・・は、ちょっとひどいじゃない!

でも、今日QVCで「サンヨーデル」とかいうダイエット食品(満腹+整腸系)の番組中で泉ピン子が減量成功話をVTRで披露してたのを見て、やっぱりピン子は痩せても黒木瞳にはなってなくて、ピン子のままだったけど・・・。

Footballo_1 今日のTSV「デビュー」:あの花フリフリはやりすぎかなあ。スカートも好みじゃないので・・・。余談だけど、ゲストの旦那(親戚?)丸谷は、フットボールアワーの岩尾に似ている。今朝、多慶子と岩尾の話したばかりなので、爆笑してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年4月24日 (月)

マトリョーシカ。

「景気の良い通販会社は梱包材を惜しまない」という持論を持っている。惜しまないとは、単に大きさではなくて、商品によって様々な大きさがある事、使われているダンボールの質、量などの事である。

例えば、多種類の箱を作るとすれば、数が揃わなければ割高になるし、箱の表面積が同じでも、接ぎ合せタイプと折り畳みタイプではコストが違うと思うのだ。

QVCは初めの頃、小さいものはエアパッキンの付いた袋で送られてきた。でも、現在は大小様々な大きさの箱になっているしクッション材も最新のものになっている。箱の中に更にまた箱もめずらしくは無い。おそらく機械でテーピングしているだろうから、その梱包マシンへの設備投資も儲かっているからこそと推察している。

しかし、UBカスタマーとしてはそんな事より「いかに素早く梱包資材を片付けるか」が重要なのである。ダンボールをたたみ・クッション材の空気を抜き・配送ラベル剥がす。単純に外箱だけでもこの3工程は必須なのだ。我が家では玄関にカッター常備で、この作業は玄関で素早く行っている。そしてダンボールは玄関脇の死角に立てかけられて資源ゴミの日を待ち、クッション材は燃えないゴミ袋、ラベルは細かくちぎって燃えるゴミに放り込む。そして資源ゴミの日、QVCの文字が隠れるようにダンボールを紐で縛って捨てる事で無事(?)完了するのである・・・。

今日のTSV「ウインクパール」:毎年ブラックが欲しいと思いつつ、何故か見送っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

笑店。

なんだかよくわからない商品がたまに登場する。それが又、売れる、売れないは別として、ツッコミアイテムとして私には必要で・・・。

まずは「アカパックン」とかいう、風呂に浮かべるだけで湯垢をパクパク食べる河童。私が見た時の担当はお国訛りが消えない芝ナビ姉さん。デモで皮脂に見立てた胡麻油を河童がなかなか吸い取らなくて、本当は焦るべき所なのに、指でちょいちょい突付いたりするだけで、「このように湯船に浮かんだ皮脂をぱっくんぱっくん食べてくれるんです」って。水槽にのんびり浮かぶ河童と彼女が同調しすぎちゃって、笑える笑える。。。

今日も「キャッシュボール」「チリりん」「Time is money」と妙な商品発見!古紙幣を固めて作った貯金箱と時計だって。いくらエコとかロハスがブームだって、通販番組で貯金箱売ってどうするのだろう。買ったつもり貯金して満足するような人はQVCは見ないと思うし・・・。

どうせ5千円出すなら、前から気になっている「リップトレーナーユーミー」買いたい。マウスピース状のものを口の中に入れてグイグイ左右に紐で引っ張る顔の筋トレマシーンなのだ。スポクラのコーチに「買ってくれ!」と何度もお願いしているのだけど、失笑されるばっかり・・・。

今日のTSV「冷水ミネラルサーバー」:欲しいけど置く場所無し・・・by多慶子

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月22日 (土)

サーフィンQVC。

今日みたいな「24時間世界一周」なんて言う無理やり作ったみたいな企画はホントつまらない。毎週イベントやらなくたって、淡々粛々とした週末もあったっていいと思うのに。

そんな時はHPで遊んでいる。まず、なんでもいいから商品を選ぶ(新商品は除いて)。次にその中の「この商品を買った人は他にこんな物も買っています」コーナーを見て「こんなものあったっけ?」とか「ダイエット食品に補正下着・・・なるほど」とか物思う。そして、その中から又ひとつ選んで「こんなもの買った」コーナーを見る。これをどんどん繰り返して、最後に3つの商品が変らなくなったらゲームオーバー。

これをやっていると物の価値観が人それぞれ違う事がよくわかって面白い。でも、もし明らかに自分のパターンが出てきたら「個人情報流出じゃないの!」って怒るだろうけど・・・。

今日のTSV「デニスファーミングパッド」:パラベンだらけだけど、本当に肌にいいのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

負けるな一茶。

060421_1333001エコックス渡辺泰之さんと、加賀ナビ姉さん多慶子と私の間ではカエル姉さんと呼んでいる・・・すまぬ)はデキている」「少なくともカエル姉さんはマジだ」と勝手に思っている。この2人の組合せは先日のファッションDAYの深夜でも見かけたけど、とにかく毎回カエル姉さんの笑顔がマジ!眼にハートが映っているのだ。

「神戸出張でお店を訪ねた時・・・」とか「テンセルは何色も持っている」とか上目使いで言うし(まあ、渡辺さんは背が高いんだけどね)、この間も「渡辺さん自分でカッコいいと思っているでしょ」なんて、はしゃぎながら番組と関係無いコメント入れてたし。

渡辺さんも、「あなた、仕事で神戸来ているのにさっきから自分の買物の話ばかりしてるねえ」なんて親しげに言ってたし、売り切れたトップスをカエル姉さんが「あーこれ欲しかったのに~」と叫んだら「特別に探してあげましょか(急に関西弁)」って、どうよ!

昔、渡辺さんがナイスバディモデルのミホちゃんを「僕ねえ、ミホさん大ファンなんですよ」と言った時、私には確かに見えました・・・カエル姉さんの嫉妬の炎めらめらが・・・。(がんばれ、カエルちゃん)

今日のTSV「アンなんとかのバッグ」:全部合皮で中国製で約1万円は高い。Coccoの後では色褪せちゃう・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

小さな事からコツコツと。

金相場がものすごい勢いで上がっている。今日は小売価格g/2,539円とここ1ヶ月で最高を記録している。おまけに銀相場までもがお付き合い。

これで困っちゃったのは、QVCのジュエリー。060420_1958002_1 元々リングはボリュームあるように見せながら地金節約する方法として「裏抜き」や手のひら側に隠れてしまう部分を細くする裏技をやっていた。そしてぢわぢわ相場が上がり始めた頃から「割腕」が増えてきて、更にペンダント付属のチェーンも、首の皺に見えるほど「これでもかっ!」って細さになっている。そして最近ついに、ピアスのキャッチがシリコンゴムに替わり、イヤリングとピアスの価格も差をつけるようになってしまった。

10K・14K得意のSチャンネルも、「10Kでこの値段なのか・・・」くらい高くなっているし、ロジウムコートと18Kコートのなんちゃって指輪でさえも値段が同じではないという緊急事態。

こうなるとジュエリーで気になるのは「地金の重量」になってくるのだけど、石モノは総重量しか記載されていない。先日もデザインより金の使用分量を想像しながら、お得感のある指輪を選ぼうとしたら、「そんな地金好きなら、前歯を金ピカにしなさいよ!」多慶子に言われてしまったけど・・・。

今日のTSV「シルマークリスクロスチェーン」:しつこいけど、グラムだけで言うなら、もっと安い価格のものが在庫ありますよー。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月19日 (水)

アウトレットは突然に。

「濱野のバッグ」を初めて知ったのは「通販生活」という雑誌だった。もうずいぶん前だったけど、安藤和津さんが「これは一生ものです」みたいなコメントを寄せて載っていた。それは横長のかぶせタイプで取っ手には金の玉が付いていた。皇室御用達で当時5万円の価格は気軽に買えるものでもなく、「いつの日かゼッタイ手に入れる」と思った記憶がある。

それから何年も過ぎて私がはじめて濱野のバッグを購入したのは近所の「米屋」だった。通りがかりに目にした「濱野バッグバーゲン」の張り紙に、最初はまさか濱野皮革工芸の濱野だとは思わなかった。けれど一応確かめようと店の外から覗いたら、QVCで見たことのある両面色違いのパンチングバッグが置いてあって、確かにあの濱野バッグに間違いない事が判明。米屋で売っている経緯はよくわからないけど、半額になったショルダーバッグを指差して「これください!今、お金下して来ますから」と即買いしたのであった。

それから米屋でのバーゲンは二度と無いので、今はQVCで濱野有さんの巧みな話術と戦いながら購入しているのである。

今日のTSV「お掃除タオル」:外人のパフォーマンスはうるさいね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月18日 (火)

御気張りやすぅ~。

ファッションDAYの興奮がやっと冷めて、久しぶりにゆっくりと朝食。さて、今QVCは何やっているかな?

いきなり眼に飛び込んできたのは、派手派手豪快「快掃丹」おばちゃん。いつも通りドスの効いた声で「う○こ」についてのマシンガントーク炸裂。「奥さん達、毎日出ているといってもコロコロ・やわらかい・細いじゃダメ!」私が食事中にもかかわらず(知るわけ無いだろうけど)更に力のこもった話は続き「オナラの臭い人は腸も健康じゃないのよ!」。

「快掃丹」というのはセンナ主体のサプリメントで、これを飲むとバナナ状のものすごい「う○こ」が出るらしい。トイレで振り返って見ると惚れ惚れするのだって。あまりにリアルな話ばかりなので、担当する志波ナビ姉さんも「私、これを愛飲してホント立派なものが出ますぅ~」とはさすがに言えないみたいだ。愛用者代表として出演されていた上品な奥様が自分の「う○こ」について「毎回見るのが楽しみっていうか・・・」などと淡々と語る姿にはオドロキを通り越して畏敬の念を抱いてしまう。

一方、トーストを頬張りながら「センナってけっこうおなか痛くなるんじゃないの?」なんて思いながら、チャンネルを変えない自分もアッパレか・・・。

今日のTSV「整体枕」:反発系の枕は夏にムレるし、安物は冬にコチコチになる。これはどうなのかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年4月17日 (月)

カボチャの馬車。

いやはや、昨晩は23時を過ぎた頃からUBの嵐が吹きまくり、電話回線は満杯、WEBサーバーはクレジットの認証も取れない状態に陥っていた。

これはイベントによくある事で、欲しいと思った物・気になった物・買い得感があった物をとりあえず注文して、23時過ぎる頃から冷静に選別し、タイムリミットの午前0時までに一斉にキャンセル作業に取りかかるからである。キャンセルはPCからが罪悪感も無く「あーこれいらないわ」と簡単に早くできるのであるが、昨晩は23時から「デビュー」の番組と重なって、アクセスできないからさあタイヘン!

「ひゃ~後10分じゃないの」シンデレラじゃないけれど、あわててかけた電話が繋がるまでの5分間の長い事。このまま午前0時を迎えたら注文が決済されて、数日後には全ての商品が自宅に届いてしまう。返品するにも送料がかかるのだ。やっとオペレーターの声を聞いたときは天使に思えた。「時間が無いからとりあえずキャンセルから言うわよ・・・」なんとか時間内に手続きを終えて電話を切ったとたん「はぁー間に合った」とフニャフニャになってしまった。

それにしても今回は「デビュー」の戦略大当たり。イベントの最終、回線込み合う23時台に陣取って「まあ、買ってもいいか」の即決プライスの洋服に限定した結果、一夜明けても他のメーカーと違ってほぼSOLD OUTのままだった。

元スッチー丸谷UB恐るべし!

今日のTSV「フカヒレコラーゲン」:会社名の「トマト」ってなんだろか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

諸行無常の響きあり。

午前0時から始ったファッションDAY恒例COCCO FIORE」争奪戦!

いきなり電話回線パンク状態、クイックアクセスは話中のツーツー音。WEBだって飽和状態で商品番号入れたって画面が表示されない(毎回この状態)という、相変わらずの準備不足・学習能力の無さ・・・。

だいたいカラーのネーミングがややこしいのだ。「キャンディブルー」「パステルブルー」が見た目イメージとは逆である。ナビ頭田代さんでさえ「えっと、えっと」の繰り返し。モデルさんがウォーキングしている場面よりこっちとしては、バッグや財布の大きさ・色目・作り・が早く知りたいのに、ゲストの三沢さんも田代ナビも舞い上がっていて「この皮ものすごくやわらかいんですぅ」「イタリアトスカーナ地方のタンナー(染色職人のこと)さんが一つ一つ手仕事で・・・」なんて言う聞き飽きた同じ台詞の繰り返しばかり。

二人がモタモタやっているうちに「パステルホワイト」のバッグが開始10分でSOLD OUTになってしまった。私は肩にかけられないバッグはいらないので財布狙い。内側の色と作りが詳しく知りたくてPC注文万全体制でスタンバイしてるのに、

「お客様ぁ~、お電話タイヘン込み合っています。WEBの方が繋がりますから~」と嬉しそうにのんびり言うじゃない。

なんでもいいから、財布を早く見せてよ!!!

結局財布を全色紹介したのは30分以上経ってから。それもカメラ抜きの画像と田代ナビ姉さんの言っている色がなかなか合わない。もう、面倒だから気になっていた3色とも一応購入して後からゆっくり考える事にした。

一夜明けて午前8時には、バッグは全部SOLD OUT(キャンセル待ち可能だけどね)となっていたので、小野田ナビ姉さんも、その後の石黒ナビ姉さんもゆっくり財布を紹介してくれた。その結果、私の好きじゃないガマグチ財布+カード入れが少ない事が判明。「昨年の10月のTSVの形に何故しないのだ」と不満を漏らしつつ、さっさと全部キャンセルした。

そもそも「COCCO FIORE」は、浅草橋の「プリンセストラヤ」が委託製造販売しているのだ。サイトを見たら気に入っている方と同じ形で「ホコモモラ」の財布を見つけた。けっこう可愛いいし送料無料でプレゼント付きなので、それにしようかと考え中である。

今日のTSV「COCCO FIORE」:ユーロ高が続いているせいか、前より価格が上がっている・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月15日 (土)

サインはV・サイズはF。

QVCには数々の芸能人が登場するけど、自身で洋服ブランド「KAWAI OKADA」を立ち上げて販売しているのが岡田可愛さんである。普段着とお出かけ着のちょうど真ん中っていうのがコンセプトで、ほとんどがワンサイズ展開、ウエスト総ゴムの幅広パンツ・子供っぽいデカイラストのダボダボトレーナー・異様に長いスパッツが売れ筋である(スーツ・ジャケットもある)。生地とデザインに拘っているとかで、値段も普段着としては高い気がするのだけど、毎回なかなかの人気が信じ難い。

頻繁にTSVに登場するので、その度に多慶子なんじゃこりゃメールが深夜に飛び交うのである。ちょっと前に「サイクルパンツ」というスウェット素材のW総ゴム半ズボンが出た時などは「モデルさんがかわいそう」「白はどう見ても体操着」「あれにヒール履いちゃダメでしょ!」「パジャマなら許す」etc。

もちろん製作者の岡田さんも着用して商品説明するのだけど、現役女優さんだから名も知れぬスーパーの安い服を着たって様になるに決まっている。っていうか、洋服の売行きより「私着ると何でもカッコいいでしょ」ってオーラを背負った岡田さんは、同じものを着せられたけど全然似合わないナビ姉さん達が演出するホメホメショータイムに毎回ご満悦・・・。

今日のTSV「モールドツインクロスブラ」:買ってみてもいいかなって思うけど残念ながらサイズが見当たらないので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月14日 (金)

金サギ・銀サギ。

060414_1941001 私がQVCで買った指輪第1号は「アンティーム 2トーン メレダイヤアクセント スターモチーフ リング」と恐ろしく長い名前のもの。当時はスターリングシルバーに18Kコーティングしたものをアンティームと言っていた。虫眼鏡で見なくちゃわからない位のメレダイヤ数個入りなのだが、星の中央を巧みに打ってあるのでけっこうなキラキラ感である。

値段はな、なんと・・・3,990円(税込)

ちょっと安っぽいのだけど、本物の18K指輪と重ね付けすると、あらまあ不思議においくら万円宝飾品に変身してしまうのだ。誰が裏の刻印を見るわけじゃないし。

しかしこれは今考えると、QVCの仕掛けたTVショッピング初心者への甘い罠だったのだ。私のジュエリーボックスは、石は本物地金は張りの指輪が増えてしまい、あっという間にオモチャ箱になってしまったのだから・・・。

今日のTSV「マーフィー岡田ピーラー」:同じようなものを100円ショップで最近よく見かけるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

私は御意見番。

「QVC大好き!」の掛け声ではじまる番組の間に入る「私の太鼓判」という視聴者参加のスポットCMがある。色々なカテゴリーから、それぞれのお気に入り商品を自宅ロケにて紹介するという企画。

こんなに飾ってどうするの「光の楽園」編、裕福そうだな「エルゴラ」編、私の方がもっと持ってる「コッコフィオーレ」編、100均のケースに入れるなよ「ダイヤモニーク」編等様々なパターンがあるのだけど、ちょっと止めた方がいいんじゃないのっていうVTRもある。

「デビュー」という神戸発(中国製だけど)の洋服編の場合、愛用者の奥様が服の目指すイメージとは違いすぎるのだ。彼女は個人の趣味で好きで着ているのだからいいのだけれど、QVC側としてはそれを見た視聴者の購買欲向上が目的なのだから、もう少しアクティブな女性を選ぶべきだと思う。VTRのいちばん最後にデニム素材のコートを着てポーズを取るのだが、本当に似合っていない・・・。

今日のTSV「ゲルマニウム敷パット」:又しても昨日Sチャンネルでシルクの敷パットやったばかり・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

多慶摂り物語。

「私が死ぬまでにあなたの痩せた姿が見たい」と母親に言われ続けている多慶子は、ダイエット食品には興味津々である。元来食いしん坊で、悩みがあっても食欲は衰えない体質であり、本人曰く「私は骨細ですから!」

とは言うものの、「痩せたい」が口癖で、QVCで食べた物のカロリーをカットするという「カットプラス」を購入したのが半年前くらい。合わせて摂取すると相乗効果がある「バーニングプラス」もあるのだけど「私は燃焼系は効かない」と言って購入拒否。

食事の30分前に摂取すると、満腹感が得られて食事量が減るはずなのだけど、多慶子の場合それを牛乳に溶かして飲んでいた。しかも満腹感が得られる前に食事しちゃうので、結局「カットプラス+牛乳」のカロリーが上乗せされ、しかもカロリーカットされると言う安心感で食事量も増えると言う悲しい結果となった。

さらに日本国経営の会社の給湯室でこっそり飲んでいる所を課長に目撃され、「焼け石に水太り」と、ありがたーいお言葉を頂戴したらしい・・・。

今日のTSV「フリフリブラウス」「麻パンツ」:ブラウスの袖口のリボンはやり過ぎちゃった。麻パンツの股下は短すぎる・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年4月11日 (火)

ポーセリン。

今日は仕事がなかなか進まなくてイライラしていた。ちょっと一休みしてQVCを覗いたら「NAO」の番組だった。

リヤドロの姉妹ブランドだということで、その作品は本当に可愛い。今日も「仔猫のお昼寝」という作品を見てちょこっと癒された気がした。とにかく顔も色も優しくて、細部にまで気を使っている。こういう置物を飾っておける環境のご婦人方がうらやましいと毎回思う。

我家の娘も寝ているときは「NAO」並に可愛いのだけど・・・。

今日のTSV:「ヨーグルトメーカー」:乳製品は苦手だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

サジヌル ハンジャンチゴ ジョセヨ。

QVCで急激に増えているのが韓国の化粧品や洋服である。韓流ブームでの妙齢の奥様狙いなのだろうか。

韓国ドラマに全く興味が無いのでよくわからないけど、ドラマで出てきた「ポーラースター」のネックレス(?)から始って、「マリアーニ」というフリフリ系の洋服、「エレクトーレ」というパックは韓国の女優さんがビデオ出演してた。今日も「チャームゾーン」なる化粧品が紹介されていたけど、ネーミングが生理用品みたいなのでなんだか買う気がしない。

そんな中で異彩を放っているのが「ボウボウキープ石鹸」っていう固形のシャンプーである。読んで字の如く毛生え効果が期待される石鹸なのだ。なんでもメキシコのある地方では、石鹸に含まれるハーブ成分で髪を洗っている為に、ハゲがいないらしい。この石鹸の凄いところは、「効果が認められなかったら全額返金制度」があることで、まず使用前の写真を撮って、使い切って効果が無かったら又写真を撮って送るシステム。しかし、返金要求はほとんど無いのが自慢らしい。

でも、よく考えたらハゲで悩んでいる人が頭頂部を写真に撮るってかなり屈辱的じゃないのかなあ。しかも効果が無かったとしたら・・・ねえ。

愛用者の奥様が「ワタクシ、顔にも使ったら肌がつるつるになりましたの」って番組で言っているのを聞いた事があるけど、つるつるはマズイだろうって。今頃顔がボウボウになってなきゃといいけど・・・。

今日のTSV「ビューティーローラー」:これを紹介しているヤーマンのお姉さんは、他にも痩身器具たくさん持ってくるのだけど、ちっとも痩せないからねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 9日 (日)

春眠暁じゃ遅い。

本日QVC「ジュエリーDay」。そうなると恒例の「ジュエリースーパーセール」に照準を合わせて、戦闘態勢なのである!(なんといったって定価の半額なのだから)

ところが最近は未明スタートが多くて(たぶんアクセス集中の回避なのだろうけど)、今日も午前4時スタート。寝ずに起きているのも、早起きするのもキツイ時間帯なのだ。寝起きでぼーっとしながら午前6時にチェックしたらすでに半分以上はSold outとなっていて、しょーもない過去のTSVの売れ残りやデザインの古いリング、サイズの合わないものがほとんど。気を取り直して「シードパールリング」を14号は大きいけど指を変えればいいかなってGETしてちょっと満足したのであった。

その後通常の番組で高額商品(今日は70万円代もあった)がサクサク売れていくのをため息混じりに鑑賞。ほとんどが受注発注商品(返品キャンセルさせるものか作戦)なので、ネットやクイックアクセスは使えず、オペレーター注文となっている。まず「承諾書」が届いてそれにサインして送り返して初めて契約成立となり、その後6週間でやっと商品が届くにも係らず、即決できる奥様に憧れる。

多慶子からもメールでセール品指南が来て、あーだ、こーだと桁違いの安いリングの話で盛り上がったのだけど、夜になって無理に買うほどのものでもない気がしてきたので、結局キャンセルしてしまった。

今日のTSV「ネックレス」「ペンダントトップ」:いらなーい・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

先手必勝。

「待たずにオーダーキャンペーン」が昨日からQVCで始った。エクスプレスオーダー(音声自動)やWEB注文ならスピーディー!って・・・本当はちょっと違う。

先ずクイックアクセス。これはちょっとした落とし穴があって、音声を最後まで聞いて顧客番号や商品番号などをのん気に入力していたら、カードの確認を取るまでに売り切れる可能性がある。音声の途中でバシッと切って、次の案内を聞き、その案内が流れると同時に次の入力という風に先取り入力が必勝法。

次にWEBであるが、これは人気商品やアウトレットの場合アクセスが多くて全く動かなくなるので要注意である。欲しい商品がありそうな番組の10分前からQVCサイトに繋げ、ライブで商品を買い物カゴに入れ、さっさと会計もひとつの方法だが、ライブは実際のオンエアより数分配信が遅いので安心は出来ない。

結局電話オペレーターを番組が始ったと同時(商品紹介前はまだ回線が空いている)に独占して、「これからでるはずのこんな商品をお願いね」って言うのが早い。だがここにも落とし穴があって、オペレーターが不慣れな新人やドン臭い方に当たると最悪で、「えーっと番号は」なんてマニュアルなやり取りをしているうちに「すいません、売切れてしまいました」なんて聞きたくも無い回答が返ってきたりする。

そんな風にムキになって購入した商品に限って、自宅に届いて梱包を開けた瞬間我に返って「なんでこんなもの買ったのだっけ?」と考える事も少なくないけど・・・。

今日のTSV「ピンククロス」:なんだか安くし過ぎるので、在庫一掃なのかと思ってしまう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

ぷっちんプリン肌。

サプリメントの形状は、顆粒・錠剤・ドリンクと様々であるが、あのプチプチと錠剤を出すシートに私は不満がある。

QVC男性ゲスト最多出演マードゥレックスの前田さんは毎回「デルマリヴァイブ」は20代は2粒・30代は3粒・40代以降は4粒が理想の摂取量です」って言うのだ。IBNの吉田姫様も「プラセンタは20代は2粒・30代以降は3粒くらいを召上がっていただくと・・・」と言うのである。

060407_2103001 ところがプチプチシートは10粒が1シートなのである。20代の人は良いけれど、それ以降の人は3粒ずつだとシートに1錠余る。4粒ずつだと2錠余る。その割り切れなさが気持ち悪くてスッキリしない。余ったシートが美的に許せないって言うか中途半端って言うか・・・。

そこで!!!

1シート12粒にしたらどうかしら。そうしたら、2錠でも3錠でも4錠でもキッチリ飲み終えられるのです。2錠なら6日分・3錠なら4日分・4錠なら3日分になるのでとっても便利だし、後何日分の在庫があるかも一目瞭然と思うのだけど。

薬屋の兄ちゃんにこの事を話したら、「いや、素晴らしい考えです」って誉めてくれた。「じゃあ製薬会社に伝えておくのよ!」と極道の妻風にお願いしたので、1シート12粒の日はそう遠くないような気もする・・・。

今日のTSV「ローズヒップティー」:これは水出しでも美味しいので手間要らずで便利。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年4月 6日 (木)

LL教室。

昨日のショップチャンネルのSSVは「元町ゼラール」とかのレース付きジャケット、今日はQVCでレースカシュクールアンサンブルと春爛漫レース対決となった。

Sチャンは声と態度のでかい嶋田キャストが「このモティーフ」とか「マストアイテム」とか「マッチング」とか変なカタカナ入りコメントがうるせーって感じ。しかしそんな事は関係なく、「元町ゼラール」は売れるのだ。その原動力はなんと言ってもゲスト。ホストちっくな髪型と濃い顔に黒のスーツで多くを語らず、たまにニヤッとする。昨日の番組中の御客様電話も「キムタクに似てますね・・・」なんて商品に関係無いコメント(似てないよ!)の後、「13号は作ってもらえないかしら・・・」だって。

一方QVCは鼻の下に里崎ホクロのある気さくな兄ちゃん風ゲスト。御客様電話は受けなくてもLLサイズは確実に売れていく状況。

冷静に考えると洋服はSサイズとLLサイズ同じ値段って、いったい誰が得しているのだろう。縫製の工賃は同じとしたら、生地や糸が多い方がコストかかっているはず。Sサイズが適正価格なら、メーカーの負担。LLサイズが適正価格ならSサイズ購入者はLLサイズとの生地分損している事になる。

だったら、シーツや布団もシングル・ダブルで同じ値段にしてくれてもいいんじゃない・・・なんて思ってしまった。

今日のTSV「レースカシュクール」と「スカート」:スカートはQVCでは異例のウエストゴム無し、しかもヌードサイズが正しいじゃないの・・・故にサイズMと言い張るカスタマーはすぐには飛びつかない。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年4月 5日 (水)

M78星雲。

深夜にエンドレス気味にやっているテレビ通販は、「ほんとかよっ!」って叫びたくなるような商品が出てくる。

中でも装着するだけで瞬時にウエスト70cmが58cmになる「くびれ・メイクニッパー」のCMには本当に驚かされた。ネーミングもベタで読んで字の如く・・・。

この商品はハイウエストのサイドボーン入りウエストニッパーで、画面の映像では腹に巻いた瞬間コカコーラか瓢箪かって言う位クビレができるのだ。現役モデルの女性が出て「本当にびっくり」と言い、元シェイプアップガールズの中嶋史恵さんが「うわーすごい、でも全然苦しくないから1日中着けていられますね」などと言う。

「って事は、ウエスト58cmの人は46cmになるのかい?あーそんなバカな、くだらないから寝ちゃおう」って思ったその時、画面は一般のシロウトさんのコーナーに変わった。「13号になっちゃって10年前の洋服が着たい」っていう奥様が出て、くびれ・メイクニッパーで見事夢を果たし、興奮した面持ちで「本当にありがとうございました」と笑顔になったその時、私の半分寝ていた脳味噌がぐわんと揺れた。

ちょっちょっちょっと・・・この人・・・私知っている・・・。

うっわー、お向かいの嫁に行ったお姉ちゃんじゃないの~。何やっているの~。子供向けのミュージカルで全身タイツの「ウルトラマン」やった時もかなり驚いたけど、いきなり深夜のテレビ画面から現れたりしたら、よりによってくびれ・メイクニッパーのモニターだったりするからもう!!!おかげでQVC深夜2時の「ipプレミア」も忘れてしまったのだった。

今日のTSV「京都西川ダウンケット」:どうしてWサイズやらないのかしら、木村君そこの所どうなの!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月 4日 (火)

桜・サクラ。

番組中に「ここで、お客様から御電話いただきました」って場面がある。

ショップチャンネルはそれが頻繁で「もしもしぃ~キャストの○○と申します、お客様の御所と御名前よろしいですかぁ~」とハイテンションで呼びかける。(ウツボ顔の北条キャストが大袈裟で面白い)お客様も慣れたもので「埼玉のふみえ(必ず下の名前が特徴)です」と答える。そして購入した商品を聞いて、購入した決め手を聞いて、ヨイショで終る。

QVCは私の想像だけど、商品が動かない時「御電話タイム」になっている気がする。QVCの場合は予め御所・御名前がナビ姉さんの耳に届いているらしく「三重県のY(イニシャル)か山田様ぁ~(苗字)」と呼びかける。

どちらも電話の声が80%妙齢の御婦人ばかりなので、初めは仕込みだと思っていたけど、QVCの場合はコールセンター内のランプで「お客様と繋げてください」サインがあるのだとか。そのサインが出ると、オペレーターが「スタジオとお話してみませんか」とお願いするらしい。お客様は注文電話中に突然そんな申し出を受けるものだから、ショップチャンネルほど饒舌ではないし、会話もトンチンカンな事も多い。なかなか話が終らなくてナビ姉さんが〆ようと焦っていたりすると、こちらまでハラハラしてしまう。

この電話でのお話も良し悪しで、自分が買おうかなって思っている洋服の時などにダミ声「なんかねえ、とっても素適で~」って言われちゃうと、思わず「同じ物着てすれ違いたくない」って購入意欲が下がってしまう。(お互い様かもしれないけど)

何度か私もヒトコト言いたくって、わざとオペレーター注文に挑戦したけど、なかなか選ばれないものである。やっぱりUBは除外なのかしら・・・。

今日のTSV「シュレッダー」:CDRが断裁できたら即決なのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年4月 3日 (月)

レッツ!クッキング。

私がQVCで食品を買う時の条件は味云々より「常温保存」であるかどうかである。プロダクトボックス(画面の商品説明)で「冷凍」と記されていたらどんなに美味しそうで価格が安くても購入は見送る(冷凍庫に余裕が無いから・・・)。さらに付け加えるなら「簡単調理」「小分けパック」「飽きない程度の量」なのだ。

そんな条件にぴったりで、リピートし、贈答にも利用しているのが「まるごと干物セット」である。これは魚(鯵・秋刀魚・カマス等)の干物を既に焼いてあるものが真空パックになってメーカー直送で届けられるのだ。常温で180日保存できるし、真空パックのまま袋を切ることなく電子レンジで20秒で食卓に並んでしまう。しかも、頭も骨も残す所無く食べられるのだ。そして柔らかな塩加減である。

よって料理にイマイチ喜びを感じない私と、スーパーの安い干物には見向きもしないグルメな四足の娘達もお気に入りなのである。

先日初めて注文した「魚屋さんのおかず(もちろん常温保存)」もやっと届いたので、しばらくは台所滞在時間が短縮される事になる。歓喜!

今日のTSV「ウォシャブルサマーウールプルオーバー」:樋口勝平さんのおやぢトークはQVCナンバーワン!品質は良いからサイズの合う人はTSV価格のうちに買ったほうがいいのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

天の恵み。

QVCには、スリランカの御坊さんが浄化した9種類の石を指輪やネックレス等にして身に付けて御守りにする「ナワラタナ」というブランドがある。

全部色の違う石なので、デザインはどうしても田舎臭い。石のクオリティより、その神秘的(?)なエピソードがウリなのだろうけど、ちょっと高すぎる。今日の番組で出たネックレスは過去最高額の50万円なのに、センターストーンはムーンストーンである・・・。

それでも売れているのは、ワンレンのゲスト「メグミさん」が「身に付ければ気持ちが落ち着く」「自分以外の人に触らせたらダメ」みたいな話に吸い込まれてしまうセレブリティな悩める女性が多いのだろう。

私だってココロ傷つく時や不安はあって、神懸り的な事に縋りたい時もあるけど、ナワラタナに対して今一歩冷静でいるのは、ジュエリースーパーセールで値引きした事実を知っているから。そして番組と番組の間に映るスタジオ内風景で「メグミさん」大口を開けて粉薬を飲んでいる姿を見てしまったから。

今日のTSV「サンヨーデル」:満腹感が得られたからと言って、決して食欲は落ちないと思う。視覚も味覚も臭覚も脳も満足していないのだから・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

くるくる・とんとん・さっさっさ。

今日は5周年アニバーサリーとやらで、QVC側はお祭騒ぎ。東京ドームシティからの中継も・・・と思ったら、観客は意外におとなしい。「トヨタプリウス、当選番号はーーー0525!!!」と道田君が叫んだけど、会場で手を上げる人が誰もいなくてなんだか見ているこっちも空回り。

そんな中、深夜0時からひときわ甲高い声で叫びつづけているのが本日TSV「ベアエッセンシャル」のゲスト。ナビ姉さん達も毎回のハイテンションにお付き合い、かなりご苦労様である。

060401_1918001 ベアエッセンシャルのファンデーションは「化学物質を含まない天然ミネラル100%」が売りで、刷毛に粉ファンデーションをつけて顔を撫でると、肌の上で瞬時にクリーム状に変化し密着して崩れないと言う今まで聞いた事の無いもの。私はちょっと試したくて、3990円の単品(刷毛やDVDが付くと高い)を既に購入済みである。

しっとりして肌には良さそうなのだけど、難点はかなりテカテカになることである。(本日TSV担当の森・石黒・加賀・田代ナビ姉さん達の顔も思いっきりテカっていた。)そして、粒子が細かいが故に粉が飛び散り、生え際の髪に付着して白髪みたいになっちゃう。更に毛穴やシワが目立つ事も否めない。従って私は研究(ってほどでもないけど)の末、刷毛ではなくパフでファンデーションをのせた後、更にマット系のパウダーをはたいているのである。

今日のTSV「ベアミネラル ドリームキット」:モデルさん達が妙な作り笑いでお互いを刷毛で撫であう映像は薄気味悪い・・・。成分の赤色202号って何?

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »